横田 順彌

(ヨコタ・ジュンヤ)
横田 順彌(よこた じゅんや、1945年11月11日 -、戸籍上は12月1日 - )は、作家(SF作家)・明治文化史研究家。愛称は「ヨコジュン」。「横田 順弥」と表記されることもある。真木 じゅん名義による著書もある。 佐賀県に生まれ、東京都目黒区緑が丘に育つ。法政大学第二高等学校を経て法政大学法学部に進み、在学中は落語研究会で活躍した。中日ドラゴンズのファンとしても知られる。 SFファン活動 小学5年の時に貸本屋で『第二の太陽へ』(ミルトン・レッサー著)を借りて感動したことがきっかけとなりSFにのめり込んでいく。中学生の時にはすでに個人SFファンジンを発行していた。 また大学時代には、定期的に例会を開いていたSFマニアの集まり「一の日会」のメンバーだった(平井和正のSF小説『超革命的中学生集団』には「一の日会」の面々がキャラクターとして登場。横田は主役の横田順弥としてモデルになっている。)。 1969年には横田が中心となり、鏡明や川又千秋らとともにファンジン『SF倶楽部』を発刊する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

横田 順彌の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

鳴呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー)

¥2894 (⇒¥2605
横田順彌 編集 /
平凡社 2006-05-15

近代日本奇想小説史 入門篇



ピラールプレス 2012-03-24

わがはいは中村春吉である。 : 自転車で世界一周無銭旅行をした男



くもん出版 2014-10-17
徒歩では、いくらなんでも時間がかかりすぎるだろうし、馬はえさ代がかかる。自動車はえさは食わんが、燃料が必要だ。すると、残るのは、…自転車しかない!1902(明治35)年2月23日、ひとりの青年が、横浜

ソロモン王の洞窟 痛快世界の冒険文学 (10)


会津 信吾 解説 /ライダ-・ヘンリ-・ハガ-ド 原著 /
講談社

ソロモン王の洞窟 痛快 世界の冒険文学


茂利勝彦 イラスト /
講談社 2013-07-19
二千数百年まえに栄華をほこったソロモン王の秘宝が、アフリカの奥地に眠るという。現地人・ウンボパたちとともに、古地図を頼りに「知られざる国」をめざした3人のイギリス人。焦熱の砂漠と氷の山を、死ぬ思いで越

横田 順彌の著書を検索する

横田 順彌の関連ニュース


横田 順彌のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横田 順彌と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横田 順彌」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.