横山 秀夫

(ヨコヤマ・ヒデオ)
横山 秀夫(よこやま ひでお、1957年1月17日 - )は、東京都生まれの小説家・推理作家。 東京都立向丘高等学校、国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒業。1979年上毛新聞社に入社。以後12年間記者として勤務。1991年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞したことを契機に退社。以後フリーランス・ライターとして『週刊少年マガジン』にて漫画原作(ながてゆか作画『PEAK!』など)や児童書の執筆、警備のアルバイトなどをする。1998年に「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。 2002年、『半落ち』が第128回直木三十五賞候補作となる。しかし、選考委員の北方謙三が、この小説中で重要な鍵となる要素について関係機関に問い合わせたところ「現実ではありえない」との回答を得て、北方は選考会でこの回答を報告、「半落ち」は現実味に欠けると批判され落選した(受賞作なし)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第5回 松本清張賞

横山 秀夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】



文藝春秋 2016-04-01
2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(6月1

64(ロクヨン)



文藝春秋
64(ロクヨン) [単行本] [Oct 01, 2012] 横山 秀夫

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

クライマーズ・ハイ (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。その日、北関東新聞の古参記者・悠木は同僚の元クライマー・安西に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑むはずだった。未曾有の事故。全権デスクを命じられ、約束を違えた悠木だ

クライマーズ・ハイ (文春文庫)



文藝春秋
   硬派の警察小説や社会派ミステリーの分野で当代一の横山秀夫が、上毛新聞記者時代に遭遇した御巣鷹山日航機墜落事故取材の体験を、本格長編小説にまとめ上げた。常に新しい手法を模索し手抜きを知らない著者の

クライマーズ・ハイ



文藝春秋
   硬派の警察小説や社会派ミステリーの分野で当代一の横山秀夫が、上毛新聞記者時代に遭遇した御巣鷹山日航機墜落事故取材の体験を、本格長編小説にまとめ上げた。常に新しい手法を模索し手抜きを知らない著者の

陰の季節 D県警シリーズ



文藝春秋 2013-10-25
『64』で話題沸騰! 横山秀夫「D県警シリーズ」はここから始まった!警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下りポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべなく撥ねつけられた

陰の季節



文藝春秋

陰の季節 (文春文庫)



文藝春秋

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)



文藝春秋 2015-02-06


横山 秀夫の著書を検索する

横山 秀夫の関連ニュース


横山 秀夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横山 秀夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横山 秀夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.