横山 充男

(ヨコヤマ・ミツオ)
横山 充男(よこやま みつお、1953年 - )は、日本の児童文学作家。高知県宿毛市出身。梅花女子大学児童文学科教授を経て、東海学園大学人文学部教授。立命館大学文学部卒業。日本児童文芸家協会、日本文藝家協会会員。「プレアデス」同人。 1953年(昭和28)2月、高知県幡多郡平田村(現宿毛市平田町)に生まれる。父横山春馬、母一尾。三人兄弟の末っ子であった。生後半年たらずで父親が事故死。その年のうちに母親の実家がある中村市(現四万十市)に引っ越す。 中村小学校、中村中学校、高知県立中村高等学校をへて、京都市の婦人服メーカーに就職する。 一年ほどで肺結核を病み、大阪府高槻市にある療養所に入所。一年半の闘病生活に入る。 療養中に文学に目覚め、作家を志し立命館大学にすすむ。大学では児童文学研究会に所属し、童話を書き始める。 1978年(昭和53)、大学を卒業し大阪にある私立箕面自由学園高等学校の国語科教諭となる。多忙を極める中で強迫神経症となり、自らを問い直すために童話をふたたび書き始める。短編が雑誌などに掲載されるようになり、1991年(平成3)「星空のシグナル」(文研出版)で作家デビュー。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

横山 充男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

少年の海 (文研じゅべにーる)


福田 岩緒 イラスト /
文研出版

少年の海 (文研じゅべにーる)


福田 岩緒 イラスト /
文研出版

視えるがうつる! ? 地霊町ふしぎ探偵団 (角川つばさ文庫)


TAKA イラスト /
KADOKAWA/メディアファクトリー

幻狼神異記〈2〉狼が目覚める時 (teens’best selections)


スカイ エマ イラスト /
ポプラ社

幻狼神異記〈3〉満月の決戦 (teens’ best selections)


スカイ エマ イラスト /
ポプラ社

自転車少年(チャリンコボーイ)


黒須 高嶺 イラスト /
くもん出版

少年たちの夏 (for Boys and Girls)


村上 豊 イラスト /
ポプラ社
   時は1964年、場所は高知、四万十川のほとり。小学校最後の夏休みに、なにか大きなことをしてやろうと、「ぼく」とまもると圭造は四万十川をいかだで海まで下ることにした。いろいろぶつかりあってようやく

夏のてっぺん (きらきらジュニアライブシリーズ)


西村 郁雄 イラスト /
佼成出版社


横山 充男の著書を検索する

横山 充男の関連ニュース


横山 充男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、横山 充男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「横山 充男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.