米原 万里

(ヨネハラ・マリ)
米原 万里(よねはら まり、女性、1950年4月29日 - 2006年5月25日)は、日本の、ロシア語同時通訳・エッセイスト・ノンフィクション作家・小説家である。 著作には、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』、『魔女の1ダース』、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』、『オリガ・モリソヴナの反語法』などがある。 東京都出身。明星学園高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院露語露文学修士課程修了。 生い立ち 日本共産党常任幹部会委員だった衆議院議員・米原昶の娘として東京都中央区の聖路加病院で生まれる。父方の親類に有田芳生がいる。 大田区立馬込小学校3年生だった1959年(昭和34年)、父が日本共産党代表として各国共産党の理論情報誌 『平和と社会主義の諸問題』編集委員に選任され、編集局のあるチェコスロバキアの首都プラハに赴任することとなり、一家揃って渡欧した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

米原 万里の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

米原 万里の著書を検索する

米原 万里の関連ニュース


米原 万里のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、米原 万里と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「米原 万里」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.