米川 正夫

(ヨネカワ・マサオ)
米川 正夫(よねかわ まさお、1891年11月25日 - 1965年12月29日)は、日本のロシア文学者、翻訳家。 岡山県高梁町の質屋の家庭に四男として生まれ育つ。高梁中学校時代にツルゲーネフ『片恋』(訳:二葉亭四迷)を愛読、ロシア語の道を志して、1909年、東京外国語学校(通称・外語/現・東京外国語大学)ロシヤ語本科に入学。翌年、級友の中村白葉などと共に雑誌『露西亜文学』を創刊、この雑誌で翻訳を始める。1912年、外語を首席で卒業。 卒業後、鉄道省の採用試験に失敗、しばらくフリーランスの翻訳や来日ロシア人の通訳で生計を立てた。1912年8月、三菱に入社、長崎支店に勤務。同年11月から旭川第七師団のロシア語教師として北海道に赴任。ドストエーフスキイ「白痴」翻訳に着手、1914年、処女出版として新潮文庫(第1次)から刊行開始(1917年に第1次新潮文庫の刊行が途絶し「白痴」も第4巻で途絶する)。1916年に第七師団を辞任、同年大晦日に上京。1917年、大蔵省に入省、10月朝鮮からシベリア経由で渡露、ペトログラードに駐在。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

米川 正夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

米川 正夫の著書を検索する

米川 正夫の関連ニュース


米川 正夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、米川 正夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「米川 正夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.