米村 圭伍

(ヨネムラ・ケイゴ)
米村 圭伍(よねむら けいご、1956年 - )は日本の小説家。架空の藩「風見藩」を舞台とした作品で知られる。
 横須賀出身。早稲田大学政治経済学部卒。電機会社勤務の後、松竹シナリオ研究所で脚本を学ぶ。1997年、「安政の遠足異聞」で菊池寛ドラマ賞佳作に入選する。1999年には、「風流冷飯伝」で第五回小説新潮長篇新人賞を受賞。以後、「退屈姫君伝」「面影小町伝」などの作品を発表する。
 「退屈姫君伝」「おんみつ蜜姫」など、「姫君もの」でも知られ、軽妙洒脱な作風には定評がある。
 また、デビュー作から最新作(「退屈姫君 これでおしまい」:2009年1月現在)まで、どの作品にも別作品のキャラクターが登場したりする事などから、場所と時代を異にしながらも全て同一の世界観を持つ物語という事が推定できる。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

米村 圭伍の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

米村 圭伍の著書を検索する

米村 圭伍の関連ニュース


米村 圭伍のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、米村 圭伍と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「米村 圭伍」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.