養老 孟司

(ヨウロウ・タケシ)
養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 - )は、日本の解剖学者。東京大学名誉教授。専門は解剖学。神奈川県鎌倉市出身。 1937年(昭和12年)、神奈川県鎌倉市に小児科医・養老静江の次男として生まれる。4歳の時に父親を結核で亡くし、その後は小児科「大塚医院」を営む母、静江の腕一つで育てられる。栄光学園中学校・高等学校、東京大学医学部を卒業後、一年間のインターン(研修医)を経て1967年(昭和42年)に東京大学大学院基礎医学で解剖学を専攻し博士課程を修了、1967年(昭和42年)医学博士号を取得する。題は「ウロコ形成におけるニワトリ胎児表皮の増殖と分化」。東京大学助手・助教授を経て、1981年(昭和56年)解剖学第二講座教授となる。この間、1971年(昭和46年)から1972年(昭和47年)にかけてメルボルン大学に留学。 1989年から1993年(平成5年)は東京大学総合研究資料館館長、1991年(平成3年)から1995年(平成7年)は東京大学出版会理事長を歴任した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

養老 孟司の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

DVD付 昆虫 (講談社の動く図鑑MOVE)


養老 孟司 監修 /講談社 編集 /
講談社 2011-07-15
NHKのスペシャル映像を豊富に使った、69分のMOVEオリジナルDVD付。大迫力の写真と動きのあるイラスト。最新の分類学を採用した、現在もっとも信頼できる図鑑。700人の小学生読者モニターといっしょに

バカの壁 (新潮新書)



新潮社
バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)



新潮社 2012-07-01
あの大ベストセラーがついに電子化! 「話せばわかる」なんて大ウソ! イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人。互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。

現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集=知のトップランナー50人の美しいセオリー



青土社 2017-02-14
生物学、物理学、脳科学、数学から経済学、社会学、哲学、芸術まで、人類史に刻まれた革命的大発見や思いもかけないユニークな法則を、豪華執筆陣が紡ぎ出す。

超老人の壁



毎日新聞出版 2017-03-17

養老孟司の人生論



PHP研究所

養老孟司の人生論



PHP研究所 2017-01-20
私の人生では「新しい」こと、つまりまだ済んでないことがあります。それは死ぬことです。――養老孟司が「死」から話をはじめる、目からウロコの人生論! 「死」について、「自分」について、「世間」について、「

「自分」の壁(新潮新書)



新潮社 2014-12-19
「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次

養老 孟司の著書を検索する

養老 孟司の関連ニュース


養老 孟司のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、養老 孟司と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「養老 孟司」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.