与謝 蕪村

(ヨサ・ブソン)
与謝 蕪村(よさ ぶそん、享保元年(1716年) - 天明3年12月25日(1784年1月17日))は、江戸時代中期の日本の俳人、画家。 本姓は谷口、あるいは谷。「蕪村」は号で、名は信章。通称寅。「蕪村」とは中国の詩人陶淵明の詩「帰去来辞」に由来すると考えられている。俳号は蕪村以外では「宰鳥」、「夜半亭(二世)」があり、画号は「春星」、「謝寅(しゃいん)」など複数ある。 摂津国東成郡毛馬村(けまむら)(大阪市都島区毛馬町)に生まれた。だがそれ以上の詳しいことはわかっていない。 20歳の頃、江戸に下り、早野巴人(はやの はじん〔夜半亭宋阿(やはんてい そうあ)〕)に師事し俳諧を学ぶ。日本橋石町「時の鐘」辺の師の寓居に住まいした。このときは宰鳥と号していた。俳諧の祖・松永貞徳から始まり、俳句を作ることへの強い憧れを見る。しかし江戸の俳壇は低俗化していた。 寛保2年(1742年)27歳の時、師が没したあと下総国結城(茨城県結城市)の砂岡雁宕(いさおか がんとう)のもとに寄寓し、敬い慕う松尾芭蕉の行脚生活に憧れてその足跡を辿り、僧の姿に身を変えて東北地方を周遊した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

与謝 蕪村の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

蕪村句集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)


玉城 司 その他 /
KADOKAWA / 角川学芸出版 2014-02-13
蕪村作として認定されている二八五〇句から一〇〇〇句を厳選して詠作年順に配列。一句一句に出典・訳文・季語・語釈・解説を丁寧に付した。俳句実作に役立つよう解説は特に詳載。巻末に全句索引を付す。

蕪村句集 現代語訳付き     (角川ソフィア文庫)


玉城 司 翻訳 /
角川学芸出版

蕪村俳句集 (岩波文庫)


尾形 仂 監修 /
岩波書店

蕪村俳句集 (ワイド版 岩波文庫)


尾形 仂 編さん /
岩波書店

蕪村文集 (岩波文庫)


藤田 真一 編集 /
岩波書店

蕪村全句集


藤田 真一 編集 /清登 典子 編集 /
おうふう

蕪村書簡集 (岩波文庫)


大谷 篤蔵 編さん /藤田 真一 編さん /
岩波書店

蕪村集



和泉書院


与謝 蕪村の著書を検索する

与謝 蕪村の関連ニュース


与謝 蕪村のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、与謝 蕪村と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「与謝 蕪村」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.