与謝野 鉄幹

(ヨサノ・テッカン)
与謝野 鉄幹(正字: 與謝野 鐵幹、よさの てっかん、1873年(明治6年)2月26日 - 1935年(昭和10年)3月26日)は、日本の歌人。本名は与謝野 寛(よさの ひろし)。鉄幹は号。与謝野晶子の夫。後に慶應義塾大学教授。文化学院学監。 京都府岡崎町(現在の京都市左京区)に与謝野礼厳尚綗の四男として生まれる。父・礼厳は西本願寺支院、願成寺の僧侶であった。礼厳は庄屋の細見儀右衛門の次男として生まれたが、京都府与謝郡(現在の与謝野町字温江)出身ということから、明治の初めより与謝野姓を名乗るようになったという。母は初枝、京都の商家の出である。 1883年(明治16年)、大阪府住吉郡の安養寺の安藤秀乗の養子となる。1889年(明治22年)、西本願寺で得度の式をあげた後、山口県徳山町(現在の周南市)の兄・赤松照幢の寺に赴き、その経営になる徳山女学校の教員となり、同寺の布教機関紙『山口県積善会雑誌』を編集。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

与謝野 鉄幹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『与謝野晶子・与謝野鉄幹全集・148作品⇒1冊』



与謝野晶子・与謝野鉄幹全集・出版委員会 2015-05-26
「みだれ髪」「舞姫」「源氏物語」の現代語訳。女流歌人の第一人者、与謝野晶子の「138作品」と、夫である与謝野鉄幹の「9作品」に、鉄幹の父である僧侶、与謝野礼厳の「礼厳法師歌集」をそえて、1冊に収録。目

明治文學全集 51 與謝野鐵幹・與謝野晶子集


野田 宇太郎 編集 /与謝野 晶子 その他 /
筑摩書房

鉄幹晶子全集〈1〉東西南北・天地玄黄・鉄幹子



勉誠出版
東西南北 与謝野鉄幹 天地玄黄 与謝野鉄幹 鉄 幹 子 与謝野鉄幹  晩翠を懐ふ(新体詩)  暮鐘(新体詩)  廻燈籠(新体詩)  舞妓君子(新体詩)  落花吹面(新体詩)  人を恋ふる歌(新体詩)

与謝野 鉄幹の著書を検索する

与謝野 鉄幹の関連ニュース


与謝野 鉄幹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、与謝野 鉄幹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「与謝野 鉄幹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.