吉田 秀和

(ヨシダ・ヒデカズ)
吉田 秀和(よしだ ひでかず、1913年(大正2年)9月23日 - 2012年(平成24年)5月22日)は、日本の音楽評論家、随筆家。 来歴・人物 クラシック音楽の豊富な体験・知識をもとに、音楽の持つ魅力や深い洞察をすぐれた感覚的な言葉で表現、日本の音楽評論において先導的役割を果たす。音楽のみならず文学や美術など幅広い分野にわたる評論活動を続け、日本の音楽評論家としては初の個人全集が刊行されて、第2回大佛次郎賞を受けた。大の相撲好きとしても知られる。 朝日新聞夕刊に『音楽展望』を寄稿した。毎月の寄稿は一時期、中断していたが、2006年11月に復帰、以後、年4回のペースで掲載。約2年の長期中断の理由は、2003年11月に夫人吉田=クラフト・バルバラ (1927年ベルリン出身で、ドイツ語で日本文化・文学の研究紹介をしていた)の死去による精神的衝撃が大きいためとされる。連載執筆や、NHK-FM放送で1971年から、約40年にわたって続けられている『名曲のたのしみ』の番組構成・司会を継続して行なうなど、2012年に98歳で亡くなるまで精力的に活動を続けた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉田 秀和の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

音楽と音楽家 (岩波文庫 青 502-1)


吉田 秀和 翻訳 /
岩波書店

音楽と音楽家 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-01
シューマンは「春の交響曲」や「子供の情景」などの曲で親しまれるドイツ初期ローマン派の作曲家であるが,またすぐれた音楽評論家でもあった.本書はその論文の大半を収めたもので,ショパン,ベルリオーズ,シュー

CD版 永遠の故郷



集英社

名曲三〇〇選 ――吉田秀和コレクション (ちくま文庫)



筑摩書房 2013-08-02
グレゴリウス聖歌やルネサンスの音楽から、ブーレーズ、シュトックハウゼンらの現代音楽まで―音楽史の流れをたどりながら、きくものに忘れがたい感動をあたえる傑作300曲を選び、文化や芸術への深い洞察に満ちた

マーラー (河出文庫)



河出書房新社

世界の指揮者(新潮文庫)



新潮社 2016-06-17
フルトヴェングラーからアバドまで、20世紀の名指揮者28人をとりあげ、それぞれの演奏の魅力と特質を論じる。実演やレコードによって具体的に音楽の本質を浮き彫りにしながら、人間性そのものにまで迫る本格的指

吉田 秀和の著書を検索する

吉田 秀和の関連ニュース


吉田 秀和のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉田 秀和と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉田 秀和」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.