吉田 満

(ヨシダ・ミツル)
吉田 満(よしだ みつる、1923年1月6日 - 1979年9月17日)は、日本の小説家である。代表作は映画化、長時間テレビドラマ化もされた小説、『戦艦大和ノ最期』。また、日本銀行行員として要職を歴任した。 東京生まれ。東京府立四中、旧制東京高等学校を経て、東京帝国大学法学部入学。 大日本帝国海軍における経験をもとにした著作を残すとともに、日本銀行勤務の傍ら「戦中派」の論客として戦争責任問題等に独自の言論を展開した。代表作である『戦艦大和の最期』で知られ、海軍での上官であった臼淵磐も吉田の著作を通して広く知られるようになった。 1942年(昭和17年)に東京帝国大学に入学、バッハの音楽を愛する学生であった。翌年10月学徒出陣により海軍予備学生として武山海兵団に入団、1944年(昭和19年)に海軍電測学校を経て少尉(予備少尉)に任官されて同年12月戦艦大和に副電測士として乗艦した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉田 満の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)


鶴見 俊輔 解説 /
講談社

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)



講談社 2016-08-26
昭和20年3月29日、世界最大の不沈戦艦と誇った「大和」は、必敗の作戦へと呉軍港を出港した。吉田満は前年東大法科を繰り上げ卒業、海軍少尉、副電測士として「大和」に乗り組んでいた。「徳之島ノ北西洋上、「

戦艦大和ノ最期



講談社

エフェクチュエーション (【碩学舎/碩学叢書】)


加護野 忠男 翻訳 /高瀬 進 翻訳 /吉田 満梨 翻訳 /
碩学舎

ケースで学ぶケーススタディ


佐藤 善信 監修 /
同文舘出版

ドキュメント戦艦大和 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
かつて世界最強を謳われ、連合国に「幻の大戦艦」と恐れられた巨艦に何が起ったのか。名著『戦艦大和ノ最期』の著者吉田満と大和研究の第一人者原勝洋が、六十人を超える大和乗員の生存者と関係者の証言を丹念に集め

吉田 満の著書を検索する

吉田 満の関連ニュース


吉田 満のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉田 満と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉田 満」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.