吉田 修一

(ヨシダ・シュウイチ)
吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。 来歴・人物 長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。その後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川賞候補。 2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞し、同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。 2003年、布袋寅泰のシングル『NOCTURNE No.9』のカップリング「グレイト・エスケイプ」で、作詞に挑戦。 若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。  2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。 作品一覧 『最後の息子』文藝春秋、1999 のち文庫  最後の息子(『文學界』1997年6月号) 破片(『文學界』1997年9月号) water(『文學界』1998年8月号) 『熱帯魚』文藝春秋、2001 のち文庫  熱帯魚(『文學界』2000年11月号) グリンピース 突風(『文學界』1999年12月号) 『パレード』2002年、幻冬舎、のち文庫、ISBN 978-4344405158 『パーク・ライフ』文藝春秋、2002 のち文庫  パーク・ライフ(『文學界』2002年6月号) flowers(『文學界』1999年8月号) 『日曜日たち』講談社、2003 のち文庫  日曜日のエレベーター(『小説現代』2002年6月号) 日曜日の被害者(『小説現代』2002年9月号) 日曜日の新郎たち(『小説現代』2002年12月号) 日曜日の運勢(『小説現代』2003年3月号) 日曜日たち(『小説現代』2003年6月号) 『東京湾景』新潮社、2003 のち文庫  東京モノレール(『小説新潮』2002年9月号) 品川埠頭(『小説新潮』2003年3月号) お台場から(『小説新潮』2003年5月号) 天王州1605(『小説新潮』2003年7月号) りんかい お台場まで 『長崎乱楽坂』新潮社、2004 のち文庫  正吾と蟹(『新潮』2002年10月号) タローと炭酸水(『新潮』2002年12月号) 明生と水玉(『新潮』2003年3月号) 清二と白い絣の浴衣(『新潮』2003年6月号) 駿と幽霊(『新潮』2003年8月号) 悠太と離れの男たち(『新潮』2003年11月号) 『ランドマーク』講談社、2004 のち文庫  初出:『群像』2004年5月号 『7月24日通り』新潮社、2004 のち文庫  初出:『小説新潮』2004年10月号、11月号 『春、バーニーズで』(2004年、文藝春秋)のち文庫  春、バーニーズで(『文學界』2002年9月号) パパが電車をおりるころ(『文學界』2003年2月号) 夫婦の悪戯(『文學界』2004年4月号) パーキングエリア(『文學界』2004年11月号) 楽園 『ひなた』光文社、2006 のち文庫  『JJ 』(2003年5月号‐2004年8月号連載)「キャラメル・ポップコーン」に加筆・修正、改題。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第127回 芥川賞 / 第15回 山本周五郎賞 / 第84回 文學界新人賞 / 第23回 柴田錬三郎賞

吉田 修一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

怒り(下) (中公文庫)



中央公論新社 2016-01-21

怒り(下)



中央公論新社

怒り(上) (中公文庫)



中央公論新社 2016-01-21

怒り(上)



中央公論新社

横道世之介 (文春文庫)



文藝春秋 2012-11-09

横道世之介



毎日新聞社 2012-07-01
楽しい。涙があふれる。2009年度最高の傑作感動長編!「王様のブランチ」「朝日新聞」ほか多数メディアで激賞。横道世之介。長崎の港町生まれ。そ

横道世之介



毎日新聞社
横道世之介 [単行本] [Sep 16, 2009] 吉田 修一

横道世之介 (文春文庫)



文藝春秋 2012-11-09
今から20年前──。大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラと

パレード (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-09-12
映画化で話題の吉田修一の小説。都内の2LDKマンションに暮らす男女4人の若者達。「上辺だけの付き合い? 私にはそれくらいが丁度いい」。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優

吉田 修一の著書を検索する

吉田 修一の関連ニュース


吉田 修一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉田 修一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉田 修一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.