吉目木 晴彦

(ヨシメキ・ハルヒコ)
吉目木晴彦(よしめき はるひこ、1957年2月25日- )は、日本の小説家、日本近代文学研究者、安田女子大学教授。「吉」の正確な表記は「14px」(「土」の下に「口」、つちよし)である。 神奈川県小田原市生まれ。父親の仕事の関係で、子供時代をアメリカやタイなどで過ごす。アメリカでは、作品の舞台になったルイジアナ州のバトンルージュにも住んでいたことがある。江馬修『山の民』に感動し、影響をうける。武蔵工業大学付属高等学校(現東京都市大学付属高等学校)、成蹊大学法学部法律学科卒業。 会社勤務のかたわら小説を書き始め、1985年に『ジパング』で第28回群像新人文学賞優秀作に選ばれる(佳作入選)。1988年に『ルイジアナ杭打ち』で第10回野間文芸新人賞、1991年に『誇り高き人々』で第19回平林たい子文学賞を受賞している。その後、1993年の上半期に、『寂寥郊野』で第109回の芥川賞を受賞した。国際結婚してアメリカ在住の日本人女性のアルツハイマー症の発症を巡る家族と当事者の人間関係を描いたものである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第109回 芥川賞 / 第10回 野間文芸新人賞

吉目木 晴彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宇宙人フライデー (地球人ライブラリー)


Rex Gordon 原著 /吉目木 晴彦 翻訳 /
小学館

寂寥郊野



講談社

魔球の伝説



講談社

ルイジアナ杭打ち



講談社

すべての執筆活動をパソコンで―文筆家が使う電脳書斎「超漢字」



パーソナルメディア
   作家ともなるとWindowsやMacなどについてくるワープロソフトでは力不足なのであろう。扱うことのできる文字、原稿の管理、編集機能など、たしかに上記OSのワープロソフトですべてをまかなうのは容

吉目木 晴彦の著書を検索する

吉目木 晴彦の関連ニュース


吉目木 晴彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉目木 晴彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉目木 晴彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.