吉村 萬壱

(ヨシムラ・マンイチ)
吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月19日 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。 「芥川賞の賞味期限は10年しかない」と知り合いの編集者に言われ、退職して作家専業となる。2016年、『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。 SFの影響を受けた、退廃的かつ破壊的な作風が特徴。漫画家のTHE SEIJIは双子の弟。 作品リスト 『クチュクチュバーン』2002年8月、文藝春秋、のち文庫 2005年、ISBN 978-4167679477 クチュクチュバーン(『文學界』2001年6月号) 人間離れ(『文學界』2001年11月号) 国営巨大浴場の午後(文庫版のみ収録) 『ハリガネムシ』2003年8月、文藝春秋、のち文庫、ISBN 978-4167679989 ハリガネムシ(『文學界』2003年5月号) 岬行(文庫版のみ収録/『文學界』2004年3月号) 『バースト・ゾーン 爆裂地区』(書き下ろし長編)2005年5月、早川書房、のち文庫  『ヤイトスエッド』講談社 2009 B39(『文學界』2007年1月号) B39-II(『群像』2007年3月号)(イナセ一戸建て、鹿の目、ヤイトスエッド、不浄道) 『独居45』文藝春秋、2009年9月 『ボラード病』文藝春秋、2014年6月 『臣女』徳間書店、2014年12月 『虚ろまんてぃっく』文藝春秋 2015 単行本未収録作品 居候(『群像』2005年7月号) 夏の友(『文學界』2006年2月号) 指定席(『小説現代』2007年1月号) 深海巡礼(『小説現代』2007年6月号) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第129回 芥川賞 / 第92回 文學界新人賞

吉村 萬壱の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ボラード病 (文春文庫)



文藝春秋 2017-02-24
日本中を震撼させた傑作がついに文庫化!B県海塚市は、過去の厄災から蘇りつつある復興の町。皆が心を一つに強く結び合って「海塚讃歌」を歌い、新鮮な地元の魚や野菜を食べ、

ボラード病 (文春文庫)



文藝春秋 2017-02-10

流しの下のうーちゃん (文春e-book)



文藝春秋 2016-11-04
芥川賞作家が漫画家になった!27年間続けた教員を辞めた。これで小説を書く時間はたっぷりできたはずなのに、惰眠を貪るばかりで、執筆は一向に進まない。

虚ろまんてぃっく (文春e-book)



文藝春秋 2015-10-02
「日本社会の現状に対する鋭い洞察と、異議申し立て」(佐藤優氏)「近年の日本文学におけるもっとも高次な、また豊饒な果実の1つ」(若松英輔氏)と絶賛された傑作「ボラード病」で新境地を切り拓いた吉村萬壱氏。

虚ろまんてぃっく



文藝春秋

ハリガネムシ



文藝春秋
   吉村萬壱はデビュー作『クチュクチュバーン』において、個体としての人間が他の生命や物質と同化・変態し、巨大な集合体の中に溶け込んでいくプロセスを通して、人類進化の壮大なビジョンを初期筒井康隆の作品

ハリガネムシ (文春文庫)



文藝春秋
   吉村萬壱はデビュー作『クチュクチュバーン』において、個体としての人間が他の生命や物質と同化・変態し、巨大な集合体の中に溶け込んでいくプロセスを通して、人類進化の壮大なビジョンを初期筒井康隆の作品

ハリガネムシ



文藝春秋 2012-09-20
私は風呂無しアパートに住む、高校の倫理教師。サチコが、突然アパートに押しかけてきた日から、私は堕ちはじめた。入浴料二千五百円、サービス料一万二千円の店で働く痩せたソープ嬢。手首には無数のためらい傷。2

吉村 萬壱の著書を検索する

吉村 萬壱の関連ニュース


吉村 萬壱のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉村 萬壱と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉村 萬壱」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.