吉村 達也

(ヨシムラ・タツヤ)
吉村 達也(よしむら たつや、1952年3月21日 - 2012年5月14日)は日本の男性小説家、推理作家、ホラー作家。 東京都出身。東京都立田園調布高等学校を経て一橋大学商学部卒業。フジサンケイグループ入社後、ニッポン放送制作部ディレクター、編成部員をへて扶桑社出向。扶桑社時代に書いた『Kの悲劇』でデビュー。書籍編集長勤務を経て、1990年より作家専業となる。 またニッポン放送在籍中、ラジオディレクターでありながらオールナイトニッポンのパーソナリティを半年間担当する。詰将棋作家でもあり、1996年には将棋世界誌において最優秀作品に選ばれた。 デビューした直後の作品では、ど派手なトリック物が多かった。しかし、だんだん、トリックよりも、人間の心理を重視するストーリー展開の作品がメインとなった。 2012年5月14日午前10時34分、進行性胃癌のため東京都千代田区の佐々木研究所附属杏雲堂病院で死去。60歳没。自らのオフィシャルサイトにて「長らくごぶさたしておりました。 突然ですが、私はこの度、死んでしまいました。」と発表がなされた。 作品リスト 括弧内は執筆順である。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉村 達也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

【合本】イラストでよくわかる 写真家65人のレンズテクニック+イラストでよくわかる カメラとレンズの疑問108 イラストでよくわかるシリーズ



インプレス 2016-02-25
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

イラストでよくわかる カメラとレンズの疑問 108 イラストでよくわかるシリーズ



インプレス 2016-02-25
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

初恋 (角川ホラー文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-10-24
職場結婚をし、平凡なサラリーマン生活を送っていた三宅の前に、ある日突然、中学校の同級生だった女性が現れた。16年前、一度だけキスをした相手である彼女の愛が再燃したとき、恐怖の日々がはじまる。

お見合い (角川ホラー文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-17
大好きな史也と結婚する前に、一度だけ「お見合い」というものをしてみたい。満たされた恋で幸せな毎日を送る滝真由子にとって、それは余裕の気持ちが産み出したほんの遊び心。恋人の史也も、笑って賛成してくれた。

八甲田山殺人事件 (実業之日本社文庫)



実業之日本社 2013-08-06


吉村 達也の著書を検索する

吉村 達也の関連ニュース


吉村 達也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉村 達也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉村 達也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.