吉永 みち子

(ヨシナガ・ミチコ)
吉永 みち子(よしなが みちこ、1950年3月12日 - )は、日本のノンフィクション作家。元競馬新聞記者。旧姓は鈴木。 来歴・人物 埼玉県川口市出身。中学生の時、母子家庭の家計を助けるためアイドルタレントになろうと考え、ナベプロのオーディションを受けて合格。その後、埼玉県立浦和第一女子高等学校、1973年に東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒業後、競馬専門紙「勝馬」を発行する立馬株式会社に入社。日本初の女性競馬新聞記者となる。 夕刊紙「日刊ゲンダイ」の記者を経て、1977年に騎手(当時)の吉永正人と結婚(後に離婚)。ただし、騎手の吉永護は正人の前妻との間に生まれた子供であり、吉永みち子の実子ではない。また正人が亡くなる直前には彼の身の回りの世話をしていたという。また、正人の弟の吉永良人とは婚姻期間中は遠戚であった。 1978年、株式会社日刊現代を退社し、約5年間の専業主婦を経てノンフィクション作家として復帰。1983年、雑誌「優駿」誌上の日本ダービー50周年企画で募集されたエッセイコンテスト「優駿エッセイ賞」最優秀作を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉永 みち子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

増補文庫版 怖いもの知らずの女たち



山と溪谷社 2013-12-13
社会の第一線で活躍してきた60歳代の女性たちが、シャンソンのコンサートを開きたい、という「夢」を実現させるまでを描いたノンフィクション。還暦を迎える同世代の女性たちへの「応援歌」。

老いも孤独も踏み越えて



主婦の友社 2012-01-01
団塊の尻尾に生まれ、いよいよアラ還世代となった吉永みち子さん。老いの気配を背中に感じつつ、これからいかに生きたらいいか? 老いも孤独も踏み越えて、いざ進まん!人生60年時代から

吉永 みち子の著書を検索する

吉永 みち子の関連ニュース


吉永 みち子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉永 みち子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉永 みち子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.