吉行 エイスケ

(ヨシユキ・エイスケ)
吉行 エイスケ(よしゆき えいすけ、本名:栄助、1906年(明治39年)5月10日 - 1940年(昭和15年)7月8日)は、日本のダダイスト詩人、小説家。 アナキズムに傾倒し、旧制第一岡山中学校(現・県立岡山朝日高校)を4年時に退学し詩作に励む。その翌年当時まだ学生の吉行あぐりと結婚し、長男の吉行淳之介が生まれるが暮らし向きは良くなかった。 上京後、詩人の辻潤、清沢清志、高橋新吉らと交友を通し、『ダダイスム』を発行、1926年『虚無思想』を新居格らと主宰し新興芸術派の旗手と目されるが、1933年には断筆し、1940年に狭心症のため急死した。34歳の若さだった。 1906年 岡山県御津郡金川町(現在の岡山市北区御津金川)に土木請負業(吉行組)を営む吉行澤太郎、盛代の長男として生まれる。 吉行組は、エイスケの弟が後継し、現在も盛業中。 1922年 第一岡山中学校(現在の県立岡山朝日高校)中退。東京の目白中学に在籍。 1923年 吉行あぐりと結婚し岡山市桶屋町(現在の岡山市北区平和町・磨屋町・野田屋町一丁目)に転居 1924年 『売恥醜文』創刊号を出す。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉行 エイスケの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大阪文学小品選(一)-文士7人による15編



響林社 2014-08-14
大阪への思い入れのある作家による大阪文学を集めました。第1巻と第2巻の合本です。第1巻では織田作之助と直木三十五の諸作品を収録しました。織田の「木の都」は生まれ故郷に対する愛着を、「夫婦善

吉行エイスケ作品集: 全12作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-11-27
全12作品を収録。 目次リンクから各作品へ移動できます。 【収録作品】 大阪万華鏡 女百貨店 恋の一杯売 職業婦人気質

東京ロマンティック恋愛記



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

飛行機から墜ちるまで



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

大阪万華鏡



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

バルザックの寝巻姿



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

戦争のファンタジイ



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

吉行 エイスケの著書を検索する

吉行 エイスケの関連ニュース


吉行 エイスケのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、吉行 エイスケと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「吉行 エイスケ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.