柳 美里

(ユウ・ミリ)
柳 美里(ゆう みり、유미리、1968年6月22日 - )は、神奈川県横浜市中区出身の在日韓国人の小説家、劇作家である。国籍は韓国。横浜共立学園高等学校中退、演劇活動を経て1994年に小説家デビュー。1997年芥川賞受賞。作品には私小説が多く、無頼派の系譜を継ぐ作家と評されることがある。 現在は福島県南相馬市在住。 家族は長男と内縁の夫。父親は元・釘師。母親は不動産会社を経営。 祖父は韓国密陽市で靴屋を営み、健脚で幻の東京五輪のマラソン選手候補であった。 1968年6月22日6:18 茨城県土浦市にて生まれる。父は、祖父が経営するパチンコ店「旭御殿」に釘師として勤めていたが、祖父が韓国に帰国したため失職し、横浜市南区黄金町のパチンコ店「三益球殿」に再就職する。1歳をむかえる前に横浜市に転居、以後横浜市で育つ。 横浜共立学園中学校を卒業、1983年に横浜共立学園高等学校に入学するもいじめにあい、1年で退学し、翌年東由多加率いるミュージカル劇団東京キッドブラザースに最年少で入団。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第116回 芥川賞 / 第18回 野間文芸新人賞 / 第24回 泉鏡花文学賞

柳 美里の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記



双葉社 2015-08-13
芥川賞作家の柳美里が『創』から原稿料を支払われないとして、話題となったが、本書はその『創』の連載を「お金」「貧乏」にまつわる話を中心にまとめ、新たに加筆した問題作だ。『創』出版との印税未払いの顛末記も

人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)



ベストセラーズ 2016-12-23
家庭の不和、いじめ、出版差し止め裁判……壮絶な半生が教えてくれる、人生において「必要のないこと」とは?作家生活30周年、芥川賞受賞20周年――“南相馬在

ねこのおうち



河出書房新社 2016-07-01
生きることの哀しみ、そしてきらめき……ひかり公園で産まれた六匹のねことその家族が奏でる“命”の物語がいま、幕をあける――中川翔子さん推薦!!著者2年ぶりとなる、待望の最新小説!

自殺 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
「最初に自殺を考えたのは小学六年生の時です」──自らの未遂体験を通じ、芥川賞作家・柳美里が高校生に問う、生きる意味。作家、マラソン選手、アイドル歌手、いじめによる中学生の死など、多くの自殺具体例の核心

自殺 (文春文庫)



文藝春秋

ねこのおうち



河出書房新社

現代小説クロニクル 1995~1999 (講談社文芸文庫)


日本文藝家協会 編集 /
講談社


柳 美里の著書を検索する

柳 美里の関連ニュース


柳 美里のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、柳 美里と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「柳 美里」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.