唯川 恵

(ユイカワ・ケイ)
唯川 恵(ゆいかわ けい、1955年2月1日 - )は、日本の小説家である。本名は宮武泰子。 来歴・人物 血液型はB型で、石川県金沢市出身。石川県立金沢錦丘高等学校を卒業した後、金沢女子短期大学(現金沢学院短期大学)に入学。情報処理学科に学んだ。その後北國銀行に就職し、コンピュータルームに配属され、同銀行で7年、義兄の会社で3年、計10年のOL生活を経験する。茶道、華道、洋裁、エアロビクス、三味線、レザークラフト、着付け、医療事務などの習い事などをするが長続きせず、唯一続けていた日記から小説を書いてみようという気になったという。 小唄、スキーは趣味としての記載があり、バイクも作品を書いた関係で、後に免許を取得している。 1984年、29歳の時に『海色の午後』で集英社第3回コバルト・ノベル大賞を受賞し、作家デビューする。ペンネームの唯川恵は、母が若い時映画雑誌に投稿した折のペンネーム「行川奎」(ゆいかわ けい)からとったもの。 1997年、ホラー的色調の濃い『めまい』、サスペンス小説『刹那に似てせつなく』で書評家らから高評価を得て注目された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第126回 直木賞 / 第21回 柴田錬三郎賞

唯川 恵の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

息がとまるほど (文春文庫)



文藝春秋
息がとまるほど (文春文庫) [文庫] [Sep 04, 2009] 恵, 唯川

息がとまるほど (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
27歳の朋絵は、同僚にプロポーズされたのを機に、2年越しの不倫相手である上司と別れる決意をした。しかし、最後のデートを後輩に目撃され…。ラストのどんでん返しが鮮やかな「無邪気な悪魔」ほか、恋愛短篇小説

息がとまるほど



文藝春秋

燃えつきるまで (幻冬舎文庫)



幻冬舎
燃えつきるまで (幻冬舎文庫) [文庫] [Apr 01, 2005] 唯川 恵

燃えつきるまで (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-08-28
恋も仕事も順調だった三一歳の怜子は、五年付き合い、結婚も考えていた耕一郎から突然別れを告げられる。失恋を受け入れられず、苦しむ怜子は、最優先してきた仕事も手に付かず、体調を崩し、精神的にも混乱する。そ

テティスの逆鱗 (文春文庫)



文藝春秋 2014-02-07

テティスの逆鱗



文藝春秋 2014-03-07
華やかな美貌で売る女優、出産前の身体に戻りたい主婦、完璧な男との結婚をねらうキャバ嬢、そして、独自の美を求め続ける資産家令嬢。美容整形に通い詰める4人は、どんどんエスカレートし、やがて「禁断の領域」に

テティスの逆鱗



文藝春秋

手のひらの砂漠 (集英社文庫)



集英社 2016-09-16

手のひらの砂漠 (集英社文庫)



集英社 2016-11-04
この不幸は、いつまで続くのだろうか――。平凡な結婚生活の先に待っていたのは、思いもよらぬ夫からの暴力だった。シェルターからステップハウス、DVの被害女性だけで運営される自然農園……。離婚を経て、居場所

唯川 恵の著書を検索する

唯川 恵の関連ニュース


唯川 恵のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、唯川 恵と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「唯川 恵」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.