湯川 秀樹

(ユカワ・ヒデキ)
湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 - 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。 原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。 京都大学・大阪大学名誉教授。京都市名誉市民。1943年(昭和18年)文化勲章。位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。学位は理学博士。 生涯 生い立ち 1907年(明治40年)1月23日、東京府東京市麻布区市兵衛町(現:東京都港区六本木)に地質学者・小川琢治と小雪の三男として生まれる。 1908年(明治41年)、1歳の時に父・琢治(和歌山県出身)の京都帝国大学教授就任に伴い、一家で京都府京都市に移住する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

湯川 秀樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

旅人 ある物理学者の回想 (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-08-15
日本初のノーベル賞受賞者である湯川博士が、幼少時から青年期までの人生を回想。物理学の道を歩き始めるまでを描く。後年、平和論・教育論など多彩な活躍をした著者の半生から、学問の道と人生の意義を知る。

湯川秀樹 詩と科学 (STANDARD BOOKS)



平凡社 2017-03-17
スタンダード・ブックス第2期刊行開始!日本人初のノーベル賞を受賞した湯川は「科学界の詩人」と呼ばれ、端正な文章で人々を魅了した。鋭い観察眼と人間愛光る名随筆35篇。

宇宙と人間 七つのなぞ (河出文庫)



河出書房新社 2014-11-21
宇宙、生命、物質、人間の心や言葉などに関する「なぞ」は、古来、人びとを惹きつけてやまない。本書は日本人初のノーベル賞物理学者にして名エッセイストとしても知られる著者が、人類の壮大なテーマを幅広い視野か

アインシュタイン選集 1 ―特殊相対性理論・量子論・ブラウン運動―


湯川 秀樹 監修 /井上 健 写真 /井上 健 翻訳 /中村 誠太郎 翻訳 /谷川 安孝 翻訳 /
共立出版

アインシュタイン選集 2 ―一般相対性理論および統一場理論―


湯川 秀樹 監修 /内山 龍雄 翻訳 /
共立出版
一般相対性理論・統一場理論(重力および電気の統一場理論・リーマン幾何学と遠隔平行性・重力および電気の統一場理論に対する新しい可能性・統一場理論・重力場および電磁場の統一理論・重力場理論の拡張他)

湯川 秀樹の著書を検索する

湯川 秀樹の関連ニュース


湯川 秀樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、湯川 秀樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「湯川 秀樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.