夢野 久作

(ユメノ・キュウサク)
夢野 久作(ゆめの きゅうさく、1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日)は、日本の禅僧、陸軍少尉、郵便局長、小説家、詩人、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。戒名は悟真院吟園泰道居士。禅僧としての名は雲水(うんすい)、法号を萠円と称した。 出家名は、杉山 泰道(すぎやま やすみち)、幼名は直樹(なおき)。父は、玄洋社系の国家主義者の大物、杉山茂丸。長男はインド緑化の父と言われる杉山龍丸。三男の杉山参緑は詩人となった。「夢野久作と杉山三代研究会」の杉山満丸は孫。 日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。詩や短歌にも長け、同時代の他の作家とは一線を画す作家である。 福岡県福岡市出身。父母が離婚したため、祖父・杉山三郎平に育てられ、弘道館述義と詩経、易経、四書五経を教え込まれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

夢野 久作の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

夢野 久作の著書を検索する

夢野 久作の関連ニュース


夢野 久作のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、夢野 久作と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「夢野 久作」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.