文學界新人賞

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文藝雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70枚〜150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べ短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブでの応募も受け付けている。 受賞者一覧 第1回から第10回 第1回(1955年) - 石原慎太郎「太陽の季節」(芥川賞受賞) 第2回(1956年) - 堀内伸「彩色」 第3回(1957年) - 菊村到「不法所持」 佳作 - 野淵敏「水の歌」 第4回(1957年) - 城山三郎「輸出」 佳作 - 川端康夫「涼み台」 第5回(1957年) - 沼田茂「ある遺書」 第6回(1958年) - 仁田義男「墓場の野師」 第7回(1958年) - 深田祐介「あざやかなひとびと」 優秀作 - 千早耿一郎「銅像の町」、山下宏「王国とその抒情」、大谷誠「荒野の人」、中川裕朗「煙と白骨」 第8回 (1959年) - 石川信乃「基隆港」 次席 - 三好漠「遠い声」 第9回 (1959年) - 岡松和夫「壁」 佳作 - 井上京三「奇妙な月」 第10回(1960年) - 該当作なし 佳作 - 早川隆「Q市長の縮小について」、長谷川敬「窓になる少年」、杉啓之「ちっぽけなインディアン」 第11回から第20回 第11回(1960年) - 福田道夫「バックミラーの空漠」 佳作 - 蔵本次郎「易行門」、野淵敏「遠い音」 第12回(1961年) - 該当作なし 佳作 - 野淵敏「蔦蘿行」、古田義一「間宮海峡」 第13回(1961年) - 該当作なし 佳作 - 楠本薩夫「砂崖の下の家」 第14回(1962年) - 該当作なし 佳作 - 久保輝巳「栞の秋」 第15回(1962年) - 阿部昭「子供部屋」 佳作 - 中川裕朗「一九三三年二月二十日の死」 第16回(1963年) - 該当作なし 佳作 - 葉山修平「現在完了」 第17回(1963年) - 該当作なし 佳作 - 広田国臣「独楽」、小沼燦「鍵の音」 第18回(1964年) - 長谷川敬「青の儀式」、五代夏夫「那覇の木馬」 第19回(1964年) - 該当作なし 第20回(1965年) - 高橋光子「蝶の季節」 佳作 - 森万紀子「単独者」 第21回から第30回 第21回(1965年) - 該当作なし 佳作 - 野呂邦暢「ある男の故郷」 第22回(1966年) - 野島勝彦「胎」 第23回(1966年) - 丸山健二「夏の流れ」(芥川賞受賞)、宮原昭夫「石のニンフ達」 第24回(1967年) - 桑原幹夫「雨舌」 佳作 - 山田智彦「犬の生活」 第25回(1967年) - 該当作なし 佳作 - 斎藤昌三「タナトス」、加藤とみを「鼠おとし」(「口髭と虱」所収 ) 第26回(1968年) - 犬飼和雄「緋魚」、斎藤昌三「拘禁」 第27回(1968年) - 加藤富夫「神の女」(「神の女 加藤富夫作品集1」に所収) 第28回(1969年) - 内海隆一郎「雪洞にて」(「蟹の町」に所収) 第29回(1969年) - 森内俊雄「幼き者は驢馬に乗って」 佳作 - 橒川修「羽化」 第30回(1970年) - 前田隆之介「使徒」 第31回から第40回 第31回(1970年) - 樋口至宏「僕たちの祭り」、田中泰高「鯉の病院」 第32回(1971年) - 河野修一郎「探照燈」(「植樹祭」に所収)、長谷川素行「鎮魂歌」 佳作 - 加奈山径「他人からの案内状」、中谷礼順「敵機」 第33回(1971年) - 東峰夫「オキナワの少年」(芥川賞受賞)、大久保操「昨夜は鮮か」 佳作 - 梅原稜子「円い旗の河床」 第34回(1972年) - 該当作なし 佳作 - 対馬康夫「四辺形」、加藤保栄「風船ガムの海」 第35回(1972年) - 広松彰「塗りこめられた時間」、黎まやこ「五月に」 佳作 - 青木哲夫「夏の伝説」、野章雨「日本人」 第36回(1973年) - 青木八束「蛇いちごの周囲」 第37回(1973年) - 高橋揆一郎「ぽぷらと軍神」、吉田健至「ネクタイの世界」 第38回(1974年) - 該当作なし 第39回(1974年) - 春山希義「雪のない冬」 佳作 - 倉沢英彬「町へ」 第40回(1975年) - 該当作なし 第41回から第50回 第41回(1975年) - 三好京三「子育てごっこ」(直木賞受賞) 佳作 - 北澤三保「遥かな森」 第42回(1976年) - 該当作なし 佳作 - 野津決「鉛の華」、黒田宏治郎「遺体」 第43回(1976年) - 該当作なし 第44回(1977年) - 該当作なし 佳作 - 松代達生「子殺し」、草間承権「秋の実」 第45回(1977年) - 井川正史「長い午後」、三輪滋「ステンドグラスの中の風景」 第46回(1978年) - 岩猿孝広「信号機の向こうへ」、石原悟「流れない川」 第47回(1978年) - 松浦理英子「葬儀の日」 佳作 - 寺沢健一郎「生殖関係」 第48回(1979年) - 古荘正朗「年頃」(「真夏のドライブ 古荘正朗作品集」に所収) 佳作 - 松家仁之「夜の樹」 第49回(1979年) - 該当作なし 第50回(1980年) - 村上節「狸」 第51回から第60回 第51回(1980年) - 木崎さと子「裸足」 佳作 - 峰原緑子「ゆらり、と」 第52回(1981年) - 峰原緑子「風のけはい」 第53回(1981年) - 南木佳士「破水」(「エチオピアからの手紙」に所収) 佳作 - 最上典世「田舎審判」 第54回(1982年) - 田中健三「あなしの吹く頃」 佳作 - 佐藤龍一郎「A・B・C…」 第55回(1982年) - 田野武裕「浮上」、山川一作「雷電石縁起」 第56回(1983年) - 高橋一起「犬のように死にましょう」 第57回(1983年) - 赤羽建美「住宅」 第58回(1984年) - 海辺鷹彦「端黒豹紋」、阿南泰「錨のない部屋」 第59回(1984年) - 悠喜あづさ「水位」、佑木美紀「月姫降臨」 第60回(1985年) - 武部悦子「明希子」、米谷ふみ子「遠来の客」(「過越しの祭」に所収) 第61回から第70回 第61回(1985年) - 早野貢司「朝鮮人街道」、中島俊輔「夏の賑わい」 佳作 - 大島賢二「青の領域」 第62回(1986年) - 藤本恵子「比叡を仰ぐ」 第63回(1986年) - 片山恭一「気配」、松本富生「野薔薇の道」 第64回(1987年) - 鷺沢萠「川べりの道」(「帰れぬ人びと」に所収)、尾崎昌躬「東明の浜」 第65回(1987年) - 谷口哲秋「遠方より」 佳作 - 茅野裕城子「有髪」、白川ゆうき「蔵王おろし」、濱口隆義「游泥の海」 第66回(1988年) - 坂谷照美「四日間」、小浜清志「風の河」 第67回(1988年) - 梶井俊介「僕であるための旅」、濱口隆義「夏の果て」 佳作 - 長屋和哉「インディオの眩しい髪」 第68回(1989年) - 山里禎子「ソウル・トリップ」 第69回(1989年) - 中村隆資「流離譚」(「地蔵記」に所収)、瀧澤美恵子「ネコババのいる町で」(芥川賞受賞) 佳作 - 上原礼「ローリングストーン」 第70回(1990年) - 河林満「渇水」 佳作 - 比嘉辰夫「猫の火」 第71回から第80回 第71回(1990年) - 竹野昌代「狂いバチ、迷いバチ」 佳作 - 夏川戸榮子「夜を渡る音」 第72回(1991年) - みどりゆうこ「海を渡る植物群」 第73回(1991年) - 市村薫「名前のない表札」 第74回(1992年) - 安斎あざみ「樹木内侵入臨床士」、大島真寿美「春の手品師」(「ふじこさん」に所収) 第75回(1992年) - 伏本和代「ちょっとムカつくけれど、居心地のいい場所」(「ラクになる」に所収) 佳作 - 名取眞吉「タクシー・ドライバー」 第76回(1993年) - 高林杳子「無人車」 第77回(1993年) - 篠原一「壊音 KAI-ON」(最年少受賞)、中村邦生「冗談関係のメモリアル」 第78回(1994年) - 松尾光治「フアースト・ブルース」 第79回(1994年) - 木崎巴「マイナス因子」 第80回(1995年) - 青来有一「ジェロニモの十字架」(「聖水」に所収) 第81回から第90回 第81回(1995年) - 塩崎豪士「目印はコンビニエンス」、清野栄一「デッドエンド・スカイ」 奥泉光、山田詠美奨励賞 - 山田あかね「終わりのいろいろなかたち」 第82回(1996年) - 該当作なし 島田雅彦・辻原登奨励賞 - 新堂令子 「サイレントパニック」 第83回(1996年) - 大村麻梨子「ギルド」、最上陽介「物語が殺されたあとで」 第84回(1997年) - 吉田修一「最後の息子」 第85回(1997年) - 橘川有弥「くろい、こうえんの」 島田雅彦・山田詠美奨励賞 - 砂田ガロン「天麩羅車掌」 第86回(1998年) - 若合春侑「脳病院へまゐります。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

文學界新人賞 受賞作家一覧

129人が該当しました。

wikipedia 「文學界新人賞」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.