『このミステリーがすごい!』大賞

『このミステリーがすごい!』大賞(このミステリーがすごいたいしょう)は、2002年に宝島社、NEC、メモリーテックの3社が創設したノベルス・コンテストである。略称は『このミス』大賞。『このライトノベルがすごい!』大賞、日本ラブストーリー大賞、『このマンガがすごい!』大賞に並ぶ宝島社4大大賞の1つ。 賞金として大賞作品には1,200万円が、優秀賞作品には200万円が贈呈される。 1次選考に進んだ作品や最終選考に残り受賞を逃した落選作の中に、編集部が「賞をとれなくても作品にしたい」という原稿を発見した時に与えられる『隠し玉』という宝島社賞(編集部推薦賞)を設けており、中には映画化された作品もある。 受賞作と隠し玉は全て宝島社から出版される。出版時期は大賞作品は翌年の1月、優秀賞は2月から5月頃、隠し玉は5月以降である。隠し玉以外でも最終候補作が出版されることがあり、宝島社以外からの出版もある。 募集対象として『エンターテイメントを第一義の目的とした広義のミステリー』を掲げている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

『このミステリーがすごい!』大賞 受賞作家一覧

19人が該当しました。

wikipedia 「『このミステリーがすごい!』大賞」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.