野間児童文芸賞

野間児童文芸賞(のまじどうぶんげいしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が1963年から設けた文学賞で、野間三賞のうちの一つ。児童向けの文学やノンフィクションを対象としている。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として200万円が授与される。対象作品は前年8月1日から当年7月31日までの過去1年間に刊行されたもので11月に発表、12月に贈呈式が行われる。 受賞作一覧 第1回から第10回 第01回(1963年) - 石森延男 『バンのみやげ話』 第02回(1964年) - 松谷みよ子 『ちいさいモモちゃん』、庄野英二 『星の牧場』 第03回(1965年) - いぬいとみこ 『うみねこの空』 第04回(1966年) - 福田清人 『秋の目玉』 第05回(1967年) - 佐藤さとる 『おばあさんのひこうき』、香川茂 『セトロの海』 第06回(1968年) - まどみちお 『てんぷらぴりぴり』 第07回(1969年) - 今西祐行 『浦上の旅人たち』、宮脇紀雄 『山のおんごく物語』 第08回(1970年) - 岩崎京子 『鯉のいる村』 第09回(1971年) - 土家由岐雄 『東京っ子物語』 第10回(1972年) - 北畠八穂 『鬼を飼うゴロ』 第11回から第20回 第11回(1973年) - 安藤美紀夫 『でんでんむしの競馬』、与田準一 『野ゆき山ゆき』 第12回(1974年) - 坪田譲治 『ねずみのいびき』 第13回(1975年) - 小出正吾 『ジンタの音』 第14回(1976年) - 野長瀬正夫 『小さなぼくの家』(詩集) 第15回(1977年) - 今江祥智 『兄貴』、生源寺美子 『雪ぼっこ物語』 第16回(1978年) - 川村たかし 『山へいく牛』 第17回(1979年) - 神沢利子 画・平山英三 『いないいないばあや』 第18回(1980年) - 長崎源之助 絵・赤坂三好 『忘れられた島へ』、阪田寛夫 『トラジイちゃんの冒険』 第19回(1981年) - 前川康男 絵・太田大八 『かわいそうな自動車の話』 第20回(1982年) - 安房直子 絵・味戸ケイコ 『遠い野ばらの村』 第21回から第30回 第21回(1983年) - 斎藤惇夫 画・薮内正幸 『ガンバとカワウソの冒険』 第22回(1984年) - 三木卓 絵・杉浦範茂 『ぽたぽた』、竹崎有斐 絵・小林与志 『にげだした兵隊』 第23回(1985年) - 角野栄子 画・林明子 『魔女の宅急便』 第24回(1986年) - 末吉暁子 絵・中地智 『ママの黄色い子象』 第25回(1987年) - 堀内純子 『ルビー色の旅』 第26回(1988年) - 谷川俊太郎 『はだか 谷川俊太郎詩集』 第27回(1989年) - 三輪裕子 え・黒井建 『パパさんの庭』、あまんきみこ え・西巻芽子 『おっこちゃんとタンタンうさぎ』 第28回(1990年) - 大石真 絵・いしざきすみこ 『眠れない子』、村中李衣『おねいちゃん』 第29回(1991年) - 今村葦子 画・伊藤正道 『かがりちゃん』、森忠明 画・藤川秀之 『ホーン岬まで』 第30回(1992年) - 松谷みよ子 絵・伊勢英子 『アカネちゃんのなみだの海』、山下明生 絵・宇野亜喜良 『カモメの家』 第31回から第40回 第31回(1993年) - 山中恒 絵・堀田あきお 『とんでろじいちゃん』 第32回(1994年) - 後藤竜二 絵・田中槙子 『野心あらためず・日高見国伝』 第33回(1995年) - 岡田淳 『こそあどの森の物語 1・2・3』 第34回(1996年) - 森山京 絵・小田桐昭 『まねやのオイラ旅ねこ道中』 第35回(1997年) - あさのあつこ 絵・佐藤真紀子 『バッテリー』 第36回(1998年) - 森絵都 『つきのふね』 第37回(1999年) - たつみや章 絵・東逸子 『月神の統べる森で』 第38回(2000年) - 那須正幹 絵・前川かずお 『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』 第39回(2001年) - 花形みつる 『ぎりぎりトライアングル』 第40回(2002年) - 征矢清 『ガラスのうま』 第41回から第50回 第41回(2003年) - いとうひろし 『おさるのもり』 第42回(2004年) - 上橋菜穂子 『狐笛のかなた』 第43回(2005年) - 吉橋通夫 『なまくら』 第44回(2006年) - 八束澄子 『わたしの、好きな人』 第45回(2007年) - 椰月美智子 『しずかな日々』 第46回(2008年) - 工藤直子 『のはらうたV』 第47回(2009年) - なかがわちひろ 『かりんちゃんと十五人のおひなさま』 第48回(2010年) - 市川宣子 『きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは……』 第49回(2011年) - 富安陽子 『盆まねき』 第50回(2012年) - 石崎洋司 『世界の果ての魔女学校』 第51回から第60回 第51回(2013年) - 斉藤洋 『ルドルフとスノーホワイト』 第52回(2014年) - 岩瀬成子 『あたらしい子がきて』 第53回(2015年) - 村上しいこ 『うたうとは小さないのちひろいあげ』 選考委員 第53回 - あさのあつこ、石井直人、いとうひろし、富安陽子、山下明生 関連項目 野間文芸賞 野間児童文芸新人賞 外部リンク 講談社 顕彰。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

野間児童文芸賞 受賞作家一覧

62人が該当しました。

wikipedia 「野間児童文芸賞」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.