野間文芸新人賞

野間文芸新人賞(のまぶんげいしんじんしょう)は講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。 財団法人野間奉公会が1941年に野間文芸賞とともに創設した野間文芸奨励賞が前身。戦後両賞とも一時中断し、1953年に野間文芸賞のみ再開、その後1979年の講談社創立70周年を期に野間文芸奨励賞を改称、野間文芸新人賞として新設された。以降年1回発表されている。 新人作家による小説を対象とする。芥川龍之介賞と違い、文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。受賞作は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円(第12回から、それ以前は50万円)が授与される。受賞作発表および選評は『群像』1月号に掲載される。 受賞作一覧(野間文芸奨励賞) 第1回(1941年) 受賞作:笹本寅『会津士魂』、桜田常久『従軍タイピスト』、赤川武助『僕の戦場日記』第2回(1942年) 受賞作:山岡荘八『海底戦記』『潜艦同乗記』、棟田博『台児荘』、浜田廣介『龍の目の涙』第3回(1943年) 受賞作:大林清『庄内士族』他2作、望月茂『佐久良東雄』、須川邦彦『無人島に生きる十六人』第4回(1944年) 受賞作:檀一雄『天明』、山手樹一郎『獄中記』他2作、権藤実『兵営の記録』第5回(1946年) 受賞作:北條誠『寒菊』『一年』、船山馨『笛』『塔』、太田黒克彦『小ぶなものがたり』 受賞作一覧(野間文芸新人賞) 第1回から第10回 第1回(1979年) 受賞作:津島佑子『光の領分』 候補作:中村昌義『陸橋からの眺め』、増田みず子『ふたつの春』、青野聰『愚者の夜』、村上春樹『風の歌を聴け』、森瑤子『情事』、立松和平「村雨」第2回(1980年) 受賞作:立松和平『遠雷』 候補作:宮内勝典『グリニッジの光りを離れて』、村上春樹『1973年のピンボール』、冥王まさ子『ある女のグリンプス』、青野聰『試みのユダヤ・コムプレックス』第3回(1981年) 受賞作:村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』、宮内勝典『金色の象』 候補作:増田みず子、中沢けい第4回(1982年) 受賞作:村上春樹『羊をめぐる冒険』 候補作:中沢けい『女ともだち』、増田みず子『麦笛』、青野聰、冥王まさ子『雪むかえ』第5回(1983年) 受賞作:尾辻克彦『雪野』 候補作:中沢けい『ひとりでいるよ一羽の鳥が』、李良枝『かずきめ』、小檜山博『荒海』、干刈あがた「ウホッホ探険隊」、佐藤泰志「黄金の服」第6回(1984年) 受賞作:青野聰『女からの声』、島田雅彦『夢遊王国のための音楽』 候補作:干刈あがた『ビッグ・フットの大きな靴』、高樹のぶ子、他1作第7回(1985年) 受賞作:中沢けい『水平線上にて』、増田みず子『自由時間』 候補作:干刈あがた『ワンルーム』、桐山襲『風のクロニクル』、他1作第8回(1986年) 受賞作:岩阪恵子『ミモザの林を』、干刈あがた『しずかにわたすこがねのゆびわ』 候補作:小檜山博『雪嵐』、小林恭二『小説伝・純愛伝』、山田詠美『ベッドタイムアイズ』、他1作第9回(1987年) 受賞作:新井満『ヴェクサシオン』 候補作:朝稲日出夫『シュージの放浪』、リービ英雄「星条旗の聞こえない部屋」、小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』、他1作第10回(1988年) 受賞作:吉目木晴彦『ルイジアナ杭打ち』 候補作:夫馬基彦『紅葉の秋の』、吉本ばなな『うたかた/サンクチュアリ』、いとうせいこう『ノーライフ・キング』、高瀬千図『天の曳航』 第11回から第20回 第11回(1989年) 受賞作:伊井直行『さして重要でない一日』 候補作:竹野雅人『純愛映画/山田さん日記』、佐藤泰志『そこのみにて光輝く』、池澤夏樹『真昼のプリニウス』、吉本ばなな、山川健一第12回(1990年) 受賞作:佐伯一麦『ショート・サーキット』 候補作:鷺沢萠『帰れぬ人びと』、盛田隆二『ストリート・チルドレン』、松本侑子『偽りのマリリン・モンロー』、佐藤健志『チングー・韓国の友人』、小川洋子『冷めない紅茶』、保坂和志『プレーンソング』第13回(1991年) 受賞作:笙野頼子『なにもしてない』 候補作:荻野アンナ『ブリューゲル、飛んだ』、小林恭二『荒野論』、原田宗典『あるべき場所』、夫馬基彦『風の塔』第14回(1992年) 受賞作:リービ英雄『星条旗の聞こえない部屋』 候補作:大岡玲『ヒ・ノ・マ・ル』、奥泉光『蛇を殺す夜』、佐藤洋二郎『河口へ』、多和田葉子『三人関係』、久間十義『ヤポニカ・タペストリー』第15回(1993年) 受賞作:奥泉光『ノヴァーリスの引用』、保坂和志『草の上の朝食』 候補作:角田光代『ピンク・バス』、鷺沢萠『ハング・ルース』、佐藤洋二郎『前へ、進め』、谷村志穂『眠らない瞳』第16回(1994年) 受賞作:竹野雅人『私の自叙伝前篇』 候補作:伊達一行『妖言集』、別唐晶司『メタリック』、石黒達昌『平成3年5月2日……』、藤沢周『死亡遊戯』第17回(1995年) 受賞作:佐藤洋二郎『夏至祭』、水村美苗『私小説 from left to right』 候補作:阿部和重『ABC戦争』、藤沢周『SATORI』第18回(1996年) 受賞作:角田光代『まどろむ夜のUFO』、柳美里『フルハウス』 候補作:魚住陽子『動く箱』、藤沢周『ソロ』、藤野千夜『少年と少女のポルカ』第19回(1997年) 受賞作:町田康『くっすん大黒』 候補作:赤坂真理『蝶の皮膚の下』、阿部和重『インディヴィジュアル・プロジェクション』、下井葉子『うみ』、藤沢周『サイゴン・ピックアップ』、松浦寿輝『もののたはむれ』第20回(1998年) 受賞作:藤野千夜『おしゃべり怪談』 候補作:岡崎祥久『秒速10センチの越冬』、清水博子『街の座標』、茅野裕城子『大陸游民』、中山可穂『サグラダ・ファミリア』 第21回から第30回 第21回(1999年) 受賞作:阿部和重『無情の世界』、伊藤比呂美『ラニーニャ』 候補作:赤坂真理『ヴァイブレータ』、黒川創『若冲の目』、清水博子『ドゥードゥル』、堂垣園江『ゼラブカからの招待状』、若合春侑『脳病院へまゐります。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

野間文芸新人賞 受賞作家一覧

53人が該当しました。

wikipedia 「野間文芸新人賞」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.