吉川英治文学新人賞

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与される。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。 受賞作一覧 第1回から第10回 第1回(1980年) 受賞作 加堂秀三 『涸滝』 田中光二 『黄金の罠』 候補作 伴野朗 『九頭の龍』 山田智彦 『クレムリン銀行』 南原幹雄 『修羅の絵師』 山田正紀 『竜の眠る浜辺』 第2回(1981年) 受賞作 栗本薫 『絃の聖域』 南原幹雄 『闇と影の百年戦争』 候補作 赤川次郎 『三毛猫ホームズの怪談』 泡坂妻夫 『花嫁のさけび』 『レベッカ』 山田正紀 『ツングース特命隊』 赤江瀑 『アンダルシア幻花祭』 第3回(1982年) 受賞作 澤田ふじ子 『陸奥甲冑記』 『寂野』 候補作 連城三紀彦 『変調二人羽織』 第4回(1983年) 受賞作 赤瀬川隼 『球は転々宇宙間』 北方謙三 『眠りなき夜』 候補作 広瀬仁紀 『談合』 井沢元彦 『復活一九八五』 山田正紀 『風の七人』 連城三紀彦 『密やかな喪服』 第5回(1984年) 受賞作 連城三紀彦 『宵待草夜情』 山口洋子 『プライベート・ライブ』 候補作 志水辰夫 『裂けて海峡』 海老沢泰久 『スーパースター』 岡嶋二人 『あした天気にしておくれ』 第6回(1985年) 受賞作 船戸与一 『山猫の夏』 候補作 夢枕獏 『悪夢喰らい』 志水辰夫 『散る花もあり』 島田荘司 『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』 林真理子 『星に願いを』 第7回(1986年) 受賞作 高橋克彦 『総門谷』 第8回(1987年) 受賞作 景山民夫 『虎口からの脱出』 候補作 清水義範 『蕎麦ときしめん』 第9回(1988年) 受賞作 清水義範 『国語入試問題必勝法』 第10回(1989年) 受賞作 椎名誠 『犬の系譜』 岡嶋二人 『99%の誘拐』 候補作 他4作 第11回から第20回 第11回(1990年) 受賞作 小杉健治 『土俵を走る殺意』 候補作 安西水丸 『70パーセントの青空』 井沢元彦 『義経はここにいる』 伊集院静 『三年坂』 海老沢泰久 『孤立無援の名誉』 原田宗典 『スメル男』 東野圭吾 『鳥人計画』 第12回(1991年) 受賞作 大沢在昌 『新宿鮫』 伊集院静 『乳房』 候補作 綾辻行人 『霧越邸殺人事件』 多島斗志之 『クリスマス黙示録』 永倉万治 『陽差しの関係』 樋口有介 第13回(1992年) 受賞作 中島らも 『今夜、すべてのバーで』 宮部みゆき 『本所深川ふしぎ草紙』 候補作 安部龍太郎 綾辻行人 『時計館の殺人』 樋口有介 『夏の口紅』 第14回(1993年) 受賞作 帚木蓬生 『三たびの海峡』 候補作 北村薫 『六の宮の姫君』 黒川博行 『封印』 佐藤雅美 『影帳』 高村薫 『わが手に拳銃を』 中村隆資 『天下を呑んだ男』 第15回(1994年) 受賞作 東郷隆 『大砲松』 薄井ゆうじ 『樹の上の草魚』 候補作 斎藤純 『百万ドルの幻聴』 真保裕一 『震源』 永倉万治 『結婚しよう』 中村彰彦 『遊撃隊始末』 山口雅也 『キッド・ピストルズの妄想』 第16回(1995年) 受賞作 浅田次郎 『地下鉄に乗って』 小嵐九八郎 『刑務所ものがたり』 候補作 山崎洋子 『熱月』 井上祐美子 『桃夭記』他2作 大槻ケンヂ 『くるぐる使い』 第17回(1996年) 受賞作 真保裕一 『ホワイトアウト』 鈴木光司 『らせん』 候補作 加納朋子 『掌の中の小鳥』 永倉万治 『黄金バット』 中嶋博行 『違法弁護』 東野圭吾 『天空の蜂』 第18回(1997年) 受賞作 服部真澄 『鷲の驕り』 馳星周 『不夜城』 候補作 京極夏彦 『絡新婦の理』 重松清 『幼な子われらに生まれ』 羽山信樹 『がえん忠臣蔵』 東野圭吾 『名探偵の掟』 第19回(1998年) 受賞作 花村萬月 『皆月』 候補作 桐野夏生 『OUT』 黒川博行 『疫病神』 佐藤多佳子 『しゃべれどもしゃべれども』 瀬名秀明 『BRAIN VALLEY』 藤本ひとみ 『侯爵サド』 第20回(1999年) 受賞作 山本文緒 『恋愛中毒』 候補作 宇江佐真理 『室の梅』 乙川優三郎 『椿山』 中嶋博行 『司法戦争』 野沢尚 『リミット』 東野圭吾 『秘密』 松井今朝子 『幕末あどれさん』 第21回から第30回 第21回(2000年) 受賞作 宇江佐真理 『深川恋物語』 候補作 奥田英朗 『最悪』 貴志祐介 『青の炎』 京極夏彦 『百鬼夜行――陰』 福井晴敏 『亡国のイージス』 諸田玲子 『誰そ彼れ心中』 第22回(2001年) 受賞作 野沢尚 『深紅』 候補作 池井戸潤 『M1』 大塚英志 『木島日記』 恩田陸 『ライオンハート』 五條瑛 『夢の中の魚』 松井今朝子 『奴の小万と呼ばれた女』 第23回(2002年) 受賞作 大崎善生 『パイロットフィッシュ』 候補作 恩田陸 『黒と茶の幻想』 藤本ひとみ 『ジャンヌ・ダルク暗殺』 松井今朝子 『一の富』 村山由佳 『全ての雲は銀の…』 諸田玲子 『笠雲』 第24回(2003年) 受賞作 福井晴敏 『終戦のローレライ』 諸田玲子 『其の一日』 候補作 荒山徹 『魔岩伝説』 平安寿子 『グッドラックららばい』 本多孝好 『MOMENT』 第25回(2004年) 受賞作 伊坂幸太郎 『アヒルと鴨のコインロッカー』 垣根涼介 『ワイルド・ソウル』 候補作 荒山徹 『十兵衛両断』 川端裕人 『せちやん-星を聴く人』 瀬尾まいこ 『図書館の神様』 日明恩 『鎮火報』 本多孝好 『FINE DAYS』 第26回(2005年) 受賞作 恩田陸 『夜のピクニック』 瀬尾まいこ 『幸福な食卓』 候補作 石黒耀 『震災列島』 井上荒野 『だりや荘』 雫井脩介 『犯人に告ぐ』 永井するみ 『ソナタの夜』 第27回(2006年) 受賞作 今野敏 『隠蔽捜査』 候補作 荒山徹 『柳生薔薇剣』 井上荒野 『誰よりも美しい妻』 辻村深月 『凍りのくじら』 中島京子 『イトウの恋』 三羽省吾 『厭世フレーバー』 第28回(2007年) 受賞作 佐藤多佳子 『一瞬の風になれ』 候補作 池井戸潤 『空飛ぶタイヤ』 桜庭一樹 『赤朽葉家の伝説』 中島京子 『均ちゃんの失踪』 山本弘 『アイの物語』 第29回(2008年) 受賞作 佐藤亜紀 『ミノタウロス』 候補作 首藤瓜於 『指し手の顔 ― 脳男II』 辻村深月 『名前探しの放課後』 恒川光太郎 『秋の牢獄』 中島京子 『冠・婚・葬・祭』 山田深夜 『電車屋赤城』 第30回(2009年) 受賞作 朝倉かすみ 『田村はまだか』 柳広司 『ジョーカー・ゲーム』 候補作 貴志祐介 『新世界より』 道尾秀介 『カラスの親指』 百田尚樹 『BOX!』 和田竜 『忍びの国』 第31回から第40回 第31回(2010年) 受賞作 池井戸潤 『鉄の骨』 冲方丁 『天地明察』 候補作 辻村深月 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

吉川英治文学新人賞 受賞作家一覧

49人が該当しました。

wikipedia 「吉川英治文学新人賞」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.